/

この記事は会員限定です

SMBC日興の伊藤氏「統治指針、割安株上昇の鍵」

市場点描 相場を読む

[有料会員限定]

伊藤桂一・SMBC日興証券チーフクオンツアナリスト

金融庁と東京証券取引所が6月にも改訂する「企業統治指針」(コーポレートガバナンス・コード)の影響で、夏にかけて銀行や鉄鋼などPBR(株価純資産倍率)が低い割安株が2~3月のように見直される場面があるとみている。企業が真摯にガバナンス改革に取り組む姿勢が割安株上昇の鍵になり、相場全体を支えるだろう。

改訂にあわせて夏ごろまでに企業のガバナンスに対す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン