/

この記事は会員限定です

みずほ、確定拠出年金に一本化 人材流動化対応へ5万人

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

みずほフィナンシャルグループ(FG)は2024年度に企業年金を確定拠出年金に一本化する。勤続期間に金額が左右されず、年金資産を持ち運びしやすい確定拠出型のみにすることで、転職しながらキャリアを築く人材を取り込みやすくする。確定拠出への一本化はメガバンクでは初めて。日本企業の確定拠出型の導入の狙いが年金費用削減から人材流動化に適した制度作りに変わってきた。

21日、会社案として労働組合に提案した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1342文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません