/

この記事は会員限定です

「DX銘柄は利益7割高、産業連携を」 政投銀と松尾研

(更新) [有料会員限定]

日本政策投資銀行(DBJ)と東大の松尾研究室は日本企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に関するリポートをまとめた。DXの先進企業は平均に比べて従業員1人当たりの利益が7割多いことが分かった。今後は企業単位だけでなく、産業全体で連携しながらDXを進める必要があるとし、解決策として業種横断の新会社設立を提言した。

松尾豊教授の研究室は人工知能(AI)研究で知られる。リポートによると、経済産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り434文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン