/

この記事は会員限定です

米給付金誤配、当局「返送を」 05年以前の駐在員に続々

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米国のバイデン政権が新型コロナウイルスの経済対策と位置づける1人最大1400ドル(15万円)の現金給付を巡り、米国で暮らしたことがある日本国内在住者の一部にも小切手が送られている。大半は受給資格がないとみられ、米国の内国歳入庁や専門家は米国に小切手を返送するよう求めている。邦銀の窓口には問い合わせが相次ぎ、混乱が広がっている。

給付金の対象は「米国市民または米国に居住する外国人」で、米政府は所得制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1398文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン