/

この記事は会員限定です

日銀に余裕? 「円高より普通はドル高」 グリーンオペ注力

金融政策・市場エディター 大塚節雄

[有料会員限定]

日銀の黒田東彦総裁は18日の金融政策決定会合後の記者会見で「円高というより、むしろドル高の可能性のほうが普通は言われる」と語り、一般論ながらも中央銀行総裁としては踏み込んで為替相場の方向性に言及した。米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の正常化に軸足を移し始め、日銀が最も恐れる円高のリスクは目先、低下している。金融政策は当面は開店休業でよい、そんな余裕も垣間見えた。

会合では「金融機関の気候変動問題へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1793文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン