/

この記事は会員限定です

仏ホテル・アコー、3カ月ぶり高値圏も 観光需要減の懸念

Investment Radar

[有料会員限定]

フランスのホテル大手、アコー株が15日に一時32ユーロ台前半をつけ、3カ月ぶりの高値圏で推移している。新型コロナウイルス禍からの経済回復に伴い業績が改善するとの期待がある。一方で、コロナの感染再拡大で旅行需要が減少するとの見方も増えている。

同社は100以上の国・地域で5200のホテルを展開している。12日には主力ホテル「ラッフルズ」のリゾート施設を今後3~5年間で倍増すると発表。アグネス・ロッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン