/

この記事は会員限定です

米テキサスに群がる採掘業者 世界シェア塗り替えも

[有料会員限定]

中国をはじめ世界の暗号資産(仮想通貨)のマイニング(採掘)業者が米国のテキサス州に殺到している。同州が安い電力料金を売りに誘致しているためだ。代表的な仮想通貨であるビットコインの地理的な採掘シェアの6割強を中国が占めていたが、勢力図が変わる可能性が出てきた。

ビットコインは決済や送金の利便性が高いとされるが、マイニングと呼ぶ高性能なコンピューターを使う計算作業で大量の電力を消費する。環境負荷がかか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン