/

この記事は会員限定です

アスファルト、「売り手市場」に 規制余波で品薄定着も

強靱化計画で需要は増加

[有料会員限定]

道路舗装材に使うアスファルトが「売り手市場」ぶりを鮮明にしている。アスファルトは製油所がガソリンなどをつくるため原油を蒸留する際の「残さ」から製造するが、近年の政策や規制で残さが生じにくくなり、アスファルトは構造的に供給が減った。そこに新型コロナウイルス禍による減産が重なり、品薄感から需要家が値上げを受け入れざるを得なくなっている。国内流通価格は上昇の一途だ。

「高いと思っても、販売会社との価格...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り996文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン