/

この記事は会員限定です

地方債、上乗せ金利拡大 「日銀発の低金利」投資家敬遠

[有料会員限定]

地方債などの債券市場で、新発10年物国債利回りに対する上乗せ幅(スプレッド)が急拡大している。利回りを決める際の基準となる長期金利が日銀の金融政策で抑えられ、指標性への不信感が投資家に広がっているためだ。従来の利率水準では資金を集めにくく、信用力の悪化などがなくても発行体はスプレッドの上乗せを迫られる。日銀による金融緩和の効果が伝わりにくくなっている格好で、自治体や企業にとっては資金調達のかく乱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン