/

この記事は会員限定です

日本株の反発、海外勢が主導 海外人気株が大幅高

[有料会員限定]

日経平均株価は18日まで5日続伸し、先週末から1600円超高と大きく反発した。けん引したのは海外勢で、海外投資家の保有比率が平均よりも高い銘柄で大幅高が目立った。ただ、ロシアがウクライナに侵攻して投資家心理が悪化して大きく売られた銘柄が一時的に見直された面もあり、上昇が続くかは不透明だ。

東証の2020年度の株主分布状況調査によると、東証1部の海外投資家保有比率は平均で31%。QUICKによると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り618文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン