/

大和証券「ラップでトップシェア」 残高収益「2割増」

大和証券グループ本社は18日、2024年3月期に投資信託などの預かり資産残高に応じて得る収益を22年3月期と比べ2割増の920億円に引き上げる目標を明らかにした。顧客のまとまった資産を運用するファンドラップを伸ばす。個人部門の収益のうち半分を残高ベースで稼ぎ、株式や投信の売買手数料の依存度を下げる。

18日に開いた投資家説明会で中田誠司社長が明らかにした。ファンドラップは5月からゆうちょ銀行で販売するなど外部との提携を増やしており、成長が続くとみる。「ラップでトップシェアになる」として経営資源を振り分けていく考えを示した。24年3月期までに預かり資産残高で稼ぐ収益で個人部門の固定費をすべてまかなう方針も示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン