/

この記事は会員限定です

損保ジャパン、生産設備故障前に保険金払い 音響で判断

[有料会員限定]

損害保険ジャパンは生産設備など機械の故障前に保険金を支払う仕組みをつくる。2022年度にも工場や洋上風力発電所の機械音から故障リスクを検知し、代替部品の調達費や利益損失を補償する保険を販売する。工場の無人化が進むなか、最新のテクノロジーで故障を予防する需要が高まると判断した。

保険契約者には電子部品メーカーの日清紡マイクロデバイス(東京・中央)の音響センサーを設置する。生産設備などの表面に貼り付...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン