/

この記事は会員限定です

白金安でも鉱山株上昇 高騰のロジウムが稼ぎ頭に

[有料会員限定]

米国の金融引き締め観測などでプラチナ(白金)相場の上値が重くなる中、南アフリカにある白金鉱山会社の株価が上昇基調で推移している。白金の副産物であるロジウムなどの価格が産業用需要の増加で高騰し、白金に代わる収益のけん引役になっているためだ。鉱山株の配当利回りが高まっており、投資マネーが白金からシフトしている。

ニューヨーク市場の白金の先物相場は2021年11月下旬以降、おおむね1トロイオンス800...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン