/

この記事は会員限定です

ESG、17年目の覚醒 「投資力」磨き変化に懸ける

[有料会員限定]

ESG(環境・社会・企業統治)投資が覚醒し始めている。これまでは過去の実績に依存したESG評価で投資先を判断していたが、ウクライナ危機と金融引き締めで通用しなくなった。今では評価が低くても改善が期待できる企業へ投資の軸が移ろうとしている。変化を先読みして投資するのは株式投資の基本だ。国連がESG投資の推進を打ち出して17年目。ようやく投資として当たり前の姿になろうとしている。

「ESGとリターン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1549文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

Market Beat

世界のマーケットを俯瞰しながら、最先端のトピックやテーマをベテラン記者が独自の視点で取材・分析するコラムです。市場の動きを通じて世界経済の今をお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません