/

この記事は会員限定です

環境国債、世界で発行急増 9月時点で前年比2倍の4兆円

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

地球温暖化対策など環境事業に調達資金を充てるグリーン(環境)国債の発行が相次ぐ。英国が週内にも発行するほか、欧州連合(EU)も10月に初めて起債する。2021年の世界の環境国債の発行額はすでに前年比2倍の約350億ドル(約4兆円)にのぼり、さらに膨らむ見通し。ESG(環境・社会・企業統治)を判断軸とする投資家が増え、資金が集まりやすくなっている。

英国は週内にも初の環境国債を出す。33年7月満期の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン