/

この記事は会員限定です

年金請求漏れを防ぐ 厚年基金で100万人、条件確認

[有料会員限定]

もらえるはずの年金を請求していない人が多くいる。企業年金のひとつである厚生年金基金が典型例で、国の年金でも本体や加算部分などで手続き忘れがあるという。制度に対する知識不足や勘違いなどが主な理由だ。年金は老後の貴重な収入源だけに自分の加入記録などにも目配りし、受け取り忘れがないようにしたい。

制度を知らず

「何、それ?」。社会保険労務士の永山悦子氏が先日、年金相談に訪れた60代の女性Aさんに「厚生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン