/

この記事は会員限定です

米市場、はや「利上げ末期」の窮状 金利メド2%台半ばか

金融政策・市場エディター 大塚節雄

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)の利上げを間近に控える米債券市場で、金利形成上ははやくも「利上げ末期」に酷似するという奇妙な現象が起きている。利上げが始まる前から金融引き締め路線の行き詰まりを示唆する。市場を点検すると、2%台半ばという「金利の天井」が浮かぶ。

FRBが16日に公表した1月下旬開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨。警戒されたほどのタカ派の内容にはならなかった半面、この先すべ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1715文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「Market Beat」は世界のマーケットを俯瞰しながら、最先端のトピックやテーマをベテラン記者が独自の視点で取材・分析するコラムです。市場の動きを通じて世界経済の今をお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン