/

この記事は会員限定です

巧者EU、引き寄せるESGマネー 出遅れ日本は素通り

ESG光と影 攻防ルールメーキング①

[有料会員限定]

「どの程度対応できそうか」。日立製作所は欧州のグループ会社への聞き取りを急いでいる。欧州連合(EU)が4月にESG(環境・社会・企業統治)の情報開示ルールの強化案を発表したためだ。従来の開示義務の対象はEUの大企業だけだったが、今後はEU域外の企業でも欧州の拠点が規模などの要件を満たせば情報開示を求められる。

日立以外の日本企業も情報収集に追われる。そんな企業の姿をみて、ある経済産業省の幹部は「欧州はルール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1509文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン