/

この記事は会員限定です

食料危機、救うのは誰か 企業は革新の芽競う

[有料会員限定]

16日の米シカゴ商品取引所で小麦先物価格のチャートが突如、跳ね上がった。中心限月は一時、前週末比70セント高の1ブッシェル12.47ドルと、制限値幅いっぱいのストップ高水準まで急騰した。小麦生産量で世界第2位のインドが、印国内価格の上昇を理由に輸出の一時停止措置を発表したからだ。シカゴの穀物調査会社、アグリソースのダン・バッシ社長は「輸出停止は我々を食料危機の入り口へと追い込む」と警鐘を鳴らす。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン