/

この記事は会員限定です

緩和相場の「勝ち組」に試練 長期マネーの売り警戒

ESGエディター 松本裕子

[有料会員限定]

過去10年の金融緩和相場で「勝ち組」とされた、成長期待の高い銘柄が試練を迎えている。米国の金融引き締めを受け、今年に入り株価は大幅に調整した。短期的な底入れ感が漂うが、長期にわたり積み上がった年金基金などの長期資金は割安株へのシフトを探り、勝ち組株への逆風は収まっていない。株式市場の地殻変動は始まったばかりだ。

「グロース(成長)株はこれまで勝ちすぎだった。投資家のマインドセットの転換にはまだ時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン