/

この記事は会員限定です

日銀総裁「政策修正は不要」 円安加速、119円台に

(更新) [有料会員限定]

日銀の黒田東彦総裁は18日の金融政策決定会合後の記者会見で、消費者物価の上昇率が4月以降に2%程度になる見通しを示した。資源高や円安による輸入価格の上昇が影響する。物価が上昇するなかでも「金融政策を修正する必要性を全く意味していない」と述べ、緩和を続ける考えを強調した。外国為替市場では利上げに動く米国などとの方向性の違いが意識され、円相場は一時1ドル=119円台に下落した。

日銀は18日の決定会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1219文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン