/

この記事は会員限定です

テーパリングでも株価は堅調(石金淳)

〈プロの羅針盤〉三菱UFJ国際投信チーフファンドマネジャー

[有料会員限定]

FRB(米連邦準備制度理事会)は、6月15~16日開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)において、利上げ時期の前倒しを予想するメンバーが増えたことや、パウエル議長がテーパリング(量的緩和の段階的縮小)についての議論を始めたことを明らかにしました。

7月7日に公表された6月のFOMC議事要旨でも、経済活動再開からの物価上昇圧力の増大によって、幾人かのメンバー(当局者)がテーパリング(量的緩和の段階的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

「プロの羅針盤」では、株式投資に大切な銘柄選びや、為替、債券を含めた相場の見方について解説。 企業価値の測り方やリスク回避などを、運用に精通したプロが独自の視点で個人投資家に向けてお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン