/

この記事は会員限定です

みずほ、次世代金融への転換 システム障害で仕切り直し

解剖3メガ銀の成長戦略㊥

[有料会員限定]

みずほフィナンシャルグループ(FG)は一連のシステム障害の責任をとって坂井辰史社長、石井哲最高情報責任者(CIO)、みずほ銀行の藤原弘治頭取が辞任する。障害の頻発を招いた企業風土や企業統治の見直しは容易ではない。成長戦略も仕切り直しを迫られるが、坂井社長体制で成長の下地となる構造改革はどこまで進んだのか。

「人とIT(情報技術)・デジタル領域への投資や新規事業拡大などで次世代金融への転換を着実にしたい」――。坂井社長は12日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1271文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン