/

この記事は会員限定です

国内の劣後債、個人マネー流入 利回り追求で過熱も

[有料会員限定]

債務の返済順位が普通社債よりも低い劣後債に、個人投資家のマネーが流入している。ソフトバンクグループは21日、6年ぶりの発行規模となる個人向け劣後債を発行する。国内企業の劣後債を組み入れた投資信託の純資産額は年初から3倍弱に増えた。利回りの高さを求める個人の動きが強まっており、過熱感も出ている。

ソフトバンクグループは21日に4050億円の個人向け劣後債を発行する。国内では同社が2015年に発行した4500億円以来の発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り889文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン