/

この記事は会員限定です

ロシア産金禁輸の波紋 中銀や投資家の購買意欲低下も

[有料会員限定]

主要7カ国(G7)がウクライナに侵攻したロシアへの新たな制裁として、同国産の金輸入を禁じる意向で合意した。金はそれ自体に価値があり、発行体による信用リスクが低い「安全資産」とされてきた。政治要因による取引制限は、中央銀行や投資家の金購買意欲をそぎ、金の信認低下にも発展しかねない。

ロシア産金の禁輸はG7サミットで合意し、米国や英国、日本、カナダが表明した。ロシアが金売却で外貨を得る「抜け道」を防...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1012文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン