/

この記事は会員限定です

気候変動問題 日本にもタクソノミーを

十字路

[有料会員限定]

欧州連合(EU)の欧州委員会が公表したタクソノミー(分類法)が論議を呼んでいる。新年早々、同委員会は原子力と天然ガス発電を条件付きで「過渡的なグリーン電源」と定義する方向で検討を開始すると発表した。

EUタクソノミーは気候変動対策と経済成長の両立を目指す欧州グリーンディールの中核をなし、持続可能性が高く環境汚染度の低い事業や資産をグリーンと分類している。定義の明確化で民間投資を呼び込み2050年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り555文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン