/

この記事は会員限定です

職場も投資も年齢制限なくせ

十字路

[有料会員限定]

退職後の生活は年金・勤労・資産の3収入が柱だ。勤労収入では「高年齢者雇用安定法」の改正で企業には①定年制の廃止②65歳までの定年延長③定年後65歳までの継続雇用――いずれかが義務付けられた。その後改正され、今年4月からは65歳以上の高齢者にも70歳まで仕事が続けられるよう配慮することが努力義務となり「70歳定年」という言葉が登場した。

定年の引き上げではなく、定年制を廃止すべきではないか。英国は2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り566文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン