/

この記事は会員限定です

コロナ禍に真価問われる行動経済学 

活字の海で

[有料会員限定]

一説によると人は大小合わせて1日に3万5000件もの判断を迫られるという。都度、免れ得ないのが「心のゆがみ」の影響だ。人が時に下す非合理な判断を研究テーマに据える行動経済学は、3人のノーベル経済学賞受賞者を輩出。伝統的経済学に対峙する存在感を高めてきた。新型コロナウイルス禍で社会・経済が変容を迫られる時代の道しるべとなり得るのか――。一般の関心は引き続き高いが、理論を基にした政策展開の場では試行錯...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン