/

この記事は会員限定です

日銀、22年度の物価見通し上げ議論 資源高を反映

[有料会員限定]

日銀は17~18日の金融政策決定会合で2022年度の物価見通しの引き上げを議論する。資源価格の上昇などを理由に3カ月前に0.9%としていた見通しを1%台前半にする案が有力だ。ただ、日銀が目指す持続的な2%の物価上昇には時間がかかるとの見方が多く、大規模な金融緩和は現状維持を決める公算が大きい。

会合は18日正午ごろに討議を終える見通しだ。金融政策の運営方針とともに、「経済・物価情勢の展望(展望リ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン