/

オリックス、弥生売却を発表 今期純利益3100億円に

オリックスは17日、子会社で会計ソフト大手の弥生(東京・千代田)を米投資ファンドのKKRに売却すると正式発表した。金額は非開示としたが、約2400億円とみられる。取引に伴い、2022年3月期に子会社株式売却益として1632億円を計上する。

今期の連結純利益(米国会計基準)の見通しを前期比61%増の3100億円と、従来予想から600億円上方修正した。修正後の純利益予想は過去最高益だった19年3月期の3237億円以来の水準となる。

オリックスは14年12月に弥生をアジア拠点の投資ファンド、MBKパートナーズから800億円超で買収した。オリックスの営業網を活用して弥生の事業拡大を目指し、当初125万件だった登録ユーザー数を250万件超に増やした。

もっとも、社会のデジタル化やクラウドソフトの浸透で、弥生の事業環境は急速に変わった。オリックスは世界有数のファンドであるKKRを株主に迎えることが、弥生のさらなる成長につながると判断した。

KKRは海外の複数の業務関連ソフト開発会社への投資実績を持つ。日本でも19年にIT(情報技術)スタートアップのデータX(東京・新宿、旧フロムスクラッチ)に投資した。国内外で培った知見を生かし、クラウド経由での弥生のソフト利用を一段と広げる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン