/

この記事は会員限定です

炭素の逆襲 原油・ガス高騰、備蓄放出でも価格下がらず

再エネ移行の不都合な真実(1)

(更新) [有料会員限定]

「産油国や大企業が需要に応じて石油の供給を迅速に増やしていない。供給不足が世界的な原油高を招いている」。バイデン米大統領は23日の演説で、いらだちをあらわにした。そして同日発表した戦略石油備蓄の放出で、「価格は下がる」との期待を示した。

米国は原油高を止めるべく、今夏から石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどでつくる「OPECプラス」に増産の拡大を再三迫ってきた。だが、ことごとく拒否され、ニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン