/

この記事は会員限定です

投機筋、ユーロ2カ月ぶり買い越し ECB引き締め観測で

[有料会員限定]

米商品先物取引委員会(CFTC)が11日時点でまとめた投機筋の売買動向を映す「非商業部門」に関するデータによると、ドルに対するユーロの買越額は約8.5億ドル(約970億円)と2021年11月以来2カ月ぶりに買い越しに転じた。ユーロ圏のインフレ率が過去最高水準で推移するなか欧州各国の国債利回りが上昇(債券価格は下落)し、ユーロが買われた。

ユーロの買越額の規模は21年9月以来の大きさ。前週は2.2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン