/

優待銘柄200超に分散投資 株価変動に動じず長期保有

達人の配当&優待ライフ(中)

配当や株主優待が魅力的な銘柄に投資して、安定的な利益を享受している個人投資家の投資手法や優待活用法を紹介する「達人の配当&優待ライフ」。2回目に登場するのは、株主優待活用の様子をつづったブログが人気のmtipsさん(ハンドルネーム)だ。

使いたい優待を厳選して投資

ブログ「株主総会お土産日記」が人気を博しているmtipsさんは、株主優待ライフを満喫する主婦投資家だ。主力銘柄をあえて持たず、200~250の優待銘柄に分散投資をするのがmtipsさんの運用スタイル。「一通り気に入った優待株は買ったので、追加入金はしていない。優待品を無理なく使うことを考えるとちょうど良いボリュームだ」と話す。

もともとは、会社の持ち株会で自社株を購入したことが株式投資の始まりだった。デイトレードの他、新聞でニュースになった銘柄を買ったこともあったが、事業内容を詳しく知らずに日々の株価変動を追うことに魅力は感じにくかった。

そんな中、吉野家ホールディングスの株を購入すると、食事券の優待が付くことを知る。株主総会で出会った投資家からは、面白い銘柄や総会の来場者にお土産を配る企業を教えてもらうようになり、楽しみながら投資をしたいと考えるようになった。

「絵が好きな人が絵を買い、写真が好きな人がカメラを買うように、株が好きな人が趣味で株を買っている。美術館に行くと入館料分のお金はなくなるが得るものがある。それと同じで、たとえ評価損が出ても楽しむことが大事」(mtipsさん)。そのため株価が大きく上下しても基本的には売却しない。

優待は企業側にとっても、自社の商品やサービスを多くの人に広めるというメリットがある。「お金(配当)かモノ(優待)をもらえるとしたら、日本特有の慣行である贈り物を手にしたい」とmtipsさんは話す。

コロナショック後は優待内容を随時確認

一方で、使わない優待券は紙切れ同然となるため、投資をする際は、好きな飲食店や生活圏内の店舗に絞ることが重要だという。例えば外食企業は「名古屋めし」で有名な東海圏に多いが、生活圏外の場合は購入を控えるなど、優待券が使える店舗を事前に確認するようにしていると話す。

2020年のコロナショック以降は、優待が改悪された銘柄が散見されるようになったが、mtipsさんにとっては逆に利用しやすくなった優待券もあるという。例えば、居酒屋「はなの舞」などを展開するチムニーは20年9月末時点の株主への食事券を減額した代わりに、1度の利用枚数制限を取り除いた。有効期限も21年末まで延長されたことで使い切りやすかったという。

ぜいたくを味わえる外食優待

外食企業はコロナ禍で総じて業績が厳しいが、その中でも日本マクドナルドホールディングストリドールホールディングスなど好業績を上げている企業には共通点があるという。「酒を出さず、客の回転率が速い。加えてテークアウトに対応していること」だ。

ぜいたくを味わえる優待が多いことも外食優待株の魅力の一つ。例えば、サニーサイドアップグループは200株保有でパンケーキ店「ビルズ」の指定メニューとソフトドリンクの優待券が2枚もらえる。高級レストランを運営するひらまつも、mtipsさんの長期保有銘柄だ。

WDIは100株保有で、イタリアンレストラン「カプリチョーザ」など、国内グループ店舗の20%引きカードと、3000円分の優待券が付く。自分だけで食事を楽しむ時、家族や友人と楽しむ時で使い分けるという。「同社はニューヨーク発の『サラベス』や点心料理店『添好運(ティム・ホー・ワン)』などの人気店も展開しているが、これらの店舗とWDIを結び付けられる人は多くない。優待株投資で視野が広がった」(mtipsさん)

mtipsさんの手元には、月平均2万〜3万円分の外食優待券が届いている。「外食株は優待利回りが総じて高い上、10万~20万円以下で購入できる銘柄が多い」。長期保有優遇を実施していたり、M&A(合併・買収)を通して優待券の対象店舗が増えたりする企業もあるといい、今後も投資した金額の範囲内での売買を通じて、優待生活を楽しみたいと話す。

(井沢ひとみ)

[日経マネー2022年3月号の記事を再構成]

日経マネー 2022年3月号 持ちっぱなしで資産が増える 高配当株&優待株
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2022/1/20)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン