/

この記事は会員限定です

地銀の構造改革始動、日銀新制度 システム・店舗網にメス

[有料会員限定]

地域金融機関の経営改善を促す日銀の新たな制度を契機に、全国の地方銀行が収益構造の見直しへ動き始めた。日銀から上乗せ金利を受け取るには「2022年度までに経費率を4%以上改善する」といったハードルを越える必要があるからだ。ただ、新型コロナウイルス禍で営業経費が浮いた足元を除けば、地銀の経費率は右肩上がり。支店の統廃合や基幹システムの共通化など先送りしてきた構造問題にメスを入れなければ、日銀が求める条件を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン