/

この記事は会員限定です

緑で化ける素材株 カーボンゼロ、次の主役は

[有料会員限定]

14日、日経平均株価は2月に付けた年初来高値を上回り、1990年8月以来約31年ぶりの高値をつけた。上昇相場を下支えしたのは景気敏感株とされる化学株など素材関連銘柄だ。信越化学工業日産化学が上場来高値を更新し、業種別日経平均の「化学」は半年ぶりに過去最高値をつけた。

9月に覚醒、相場をけん引

2021年の株式相場は主役の変遷がめまぐるしい。5~6月にトヨタ自動車など自動車株、8月は日本郵船など海運株が買われた。9月に入って素材関連銘柄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4831文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン