/

この記事は会員限定です

穀物や貴金属、商品高が急減速 投機マネーの流入鈍化

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

国際商品市場への投機マネーの流入鈍化が鮮明になっている。欧米の商品先物市場では、穀物や貴金属など主要10品目の投機筋の買越残高の合計が約1年ぶりの低水準となり、商品型ファンドへの資金流入も急減した。背景にあるのは、景気過熱や物価上昇の加速を前提にした「リフレトレード」の巻き戻しだ。投機マネーが実需以上に押し上げてきた商品高の圧力が和らぐ可能性がある。

米商品先物取引委員会(CFTC)によると、米市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1465文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン