/

この記事は会員限定です

REIT、海外勢主導の上昇に転機 指数採用買い終了で

[有料会員限定]

今年に入り急回復してきた日本の不動産投資信託(REIT)に転機が訪れつつある。上昇をけん引してきた、海外の株価指数への組み入れに伴う買いが終了するためだ。今後は金利上昇も逆風となる。海外勢に代わり、上昇相場で利益確定を終えた個人投資家の動向も注目を集めるが、当分上値が重くなるとの見方は多い。

東証REIT指数は年明けから上昇し、14日には2157に達して年初来高値を更新。20年末からの上昇率は21...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン