/

この記事は会員限定です

「環境配慮ビルは高収益」三井住友信託などが初調査

[有料会員限定]

三井住友信託銀行などは20日、建物の環境性能などを評価する認証の取得状況と、建物の賃料に関する初の調査結果を公表した。最高ランクの認証を取得したビルは取得前より賃料が約5%高くなることが分かった。企業は賃料負担が大きくても環境性能の高いビルへの入居を希望するという実態が明らかになり、ESG (環境・社会・企業統治)を軸とした不動産取引が一段と浸透しそうだ。

国内の環境認証には、国土交通省が主導す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン