/

ブロックチェーンとは 分散型金融構築の要

きょうのことば

▼ブロックチェーン インターネット上の取引の記録を暗号技術によって1本の鎖(チェーン)のようにつなげて、データを管理する仕組み。「分散型台帳」と呼ばれる。暗号資産(仮想通貨)ビットコインの土台技術として開発された。書き換えの手間が煩雑で、データの書き換えは事実上不可能だ。

このブロックチェーンのネットワーク上に構築されるのがDeFi(分散型金融)だ。利用者の多いプロジェクトとしては、仮想通貨の貸借サービスを提供するAave(アーヴェ)やMaker(メイカー)、仮想通貨の取引が可能なUniswap(ユニスワップ)などがある。特定の管理者がいるわけではなく、複数の個人によってシステムが更新されていくケースが多い。

厳密な本人確認はなく、トラブル時の補償も手薄だ。システム障害やハッキングが原因で、預けた資産が失われても自己責任が原則になる。日本では6月にDeFi協会(JDA)が設立され、普及・発展に向けた活動を展開している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン