/

この記事は会員限定です

新生銀行、SBIへの買収防衛策導入を決議 取締役会で

[有料会員限定]

SBIホールディングスからTOB(株式公開買い付け)を受けている新生銀行は17日、定例の取締役会で買収防衛策の導入を決議した。TOB期間の延長も求め、事前協議なく始まったTOBの意図や今後の成長戦略などをSBIに問う。両者の動向次第で敵対的TOBに発展する可能性がある。

買収防衛策は大量買い付け者を除く株主に新株予約権を無償で配布する内容。TOBを進めるSBIの保有比率を下げ、事実上の影響力を排除する仕組みになる。買収防衛策を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り304文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン