/

この記事は会員限定です

プロ向けREIT拡大、農林中金設立へ 地銀など資金拠出

[有料会員限定]

機関投資家のみ購入できる私募の不動産投資信託(REIT)の運用に大手金融機関が相次ぎ参入している。金融機関系の私募REIT数は全体の3分の1に増え、新たに農林中央金庫が2022年の参入に向け準備を始めた。運用難のなか資金の振り向け先を探している地方銀行と、運用受託を新たな収益源にしたい大手金融機関の双方の事情が背景にある。新型コロナウイルス禍で企業の不動産売買が活発になりつつあることも追い風だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン