/

この記事は会員限定です

SBI北尾社長「公的資金返済に全力」 新生銀行TOBで

[有料会員限定]

新生銀行にTOB(株式公開買い付け)をかけているSBIホールディングスの北尾吉孝社長は16日、日本経済新聞の取材に対し「うちのリソース(経営資源)を入れて公的資金を返すために全力をあげる。うちがかかわるからには企業価値の上昇に全力投球する」と強調した。

SBIは川島克哉副社長(最高執行責任者=COO)を新生銀の社長候補に、五味広文・元金融庁長官を会長候補にする方針だ。北尾氏は「銀行が金(公的資金)を返すのは当たり前だ」とも語っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン