/

この記事は会員限定です

インフレの時代は到来するか

十字路

[有料会員限定]

米国では物価上昇が顕著だ。新型コロナウイルス禍が最悪期を脱し需要が増える中、エネルギー価格の高騰と供給制約が重なった結果だ。

インフレ率の動向はコストアップによる価格上昇品目の拡大ペースに加え、消費者が価格上昇をどこまで受け入れるかという点も重要だ。所得増なしには持続的な物価上昇はありえない。その意味で賃金動向が鍵となる。消費者物価指数(CPI)の約3割を占める家賃の動向も重要だ。

以上の点につい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン