/

この記事は会員限定です

劣後債に過熱感、個人マネー流入 逆回転リスク警戒

大西康平

[有料会員限定]

債務の返済順位が普通社債よりも低い劣後債に過熱感が出ている。劣後債の利回りが年初から大きく下落(価格は上昇)している。劣後債を組み入れた主要な投資信託の純資産額が年初から4.5倍に増えるなど、個人投資家の投資マネーが流入しているためだ。相場の変調時に逆回転するリスクも警戒されている。

NTNの劣後債に買いが集まり、利回りが急低下している。リフィニティブによると、3月の発行利回りの2.5%から9月上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン