/

この記事は会員限定です

上場地銀74行、25%増益 好調の裏に有価証券リスク

[有料会員限定]

上場地銀77行・グループの2022年3月期決算が16日、出そろった。比較可能な74行・グループの連結最終損益は前の期比25%増の8107億円だった。新型コロナウイルス対応で前の期に急増した政府保証付き融資が一時的に収益をかさ上げした要因が大きかった。融資先の倒産に備える費用も大幅に減った。ただ、有価証券運用で含み損を抱える地銀が急増している。

連結決算は持ち株会社に移行して前期決算との比較ができ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン