/

この記事は会員限定です

銀行の「心臓部」クラウドシフト 低費用でデータ活用

山梨中央銀行など、基幹システム移行へ

[有料会員限定]

金融機関の「心臓部」である勘定系システムなどの基幹システムにクラウドを採用する金融機関が増えている。クラウドの活用は幅広い金融機関で進むが、要である基幹システムを入れ替える例はまだ少ない。機動性や保守コストの低さなどを背景に、銀行以外の業種でも採用が始まっている。金融機関のシステム運用は大きな転換点を迎えつつある。

金融機関の基幹システムには預金や融資情報が入った勘定系システム、債券や株式売買を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1670文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン