/

この記事は会員限定です

日銀、債券市場への対応議論 17日まで金融政策決定会合

(更新) [有料会員限定]

日銀は17日まで開く金融政策決定会合で、変動が大きくなっている債券市場の対応について議論する。景気の下支えに向けて大規模な金融緩和を続けてきたが、利上げに動く欧米の中央銀行との政策の違いが為替や債券市場の不安定要素となっている。円安や資源高に伴う経済・物価への影響をにらみつつ、政策の方向性を慎重に判断する。

日銀は16日から2日間の日程で決定会合を開いている。黒田東彦総裁が17日午後に記者会見を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン