/

この記事は会員限定です

鉄道、150年目の維新 戻らぬ乗客それでも勝ち抜く

[有料会員限定]

新橋~横浜間に日本で初めて鉄道が走ったのは明治5年(1872年)。開業150年目を迎える今、鉄道ビジネスは転換期にある。

1月7日、東急傘下の東急電鉄が2023年3月の運賃改定を国土交通省に申請した。実現すれば、消費増税時をのぞき18年ぶりの値上げとなる。

渋谷と横浜をつなぐ東横線などドル箱路線を持つ東急。沿線には都心部で働く購買力の高い住人が多い。鉄道の周辺土地を開発し住宅を分譲、さらに人口を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン