/

この記事は会員限定です

マイタケ切断や養殖魚のエサやり、ここにもAI活躍

[有料会員限定]

代替たんぱく質だけがフードテックの領域ではない。ロボットやIT(情報技術)を活用して農産物の生産、物流、調理の効率を引き上げる「非バイオ領域」も裾野を広げている。

職人技をAIで再現

容器に入ったマイタケがディスプレーに映し出され、何本かの線がそこに走った。線に沿って切断されたマイタケからは、切れ端がほとんど出ない。ロビット(東京・板橋)が雪国まいたけと協力して開発を進めるカットロボットには、熟練の職人技を再現する人工知能(A...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン