/

この記事は会員限定です

教育資金一括贈与の心得 使い残しは課税、早めに着手

[有料会員限定]

「大学卒業まで子供の教育にはお金がかかる。ちょっと厚かましいかもしれませんが、教育費について両親に相談してみようと思っています」。東京都内の金融機関に勤めるAさん(35)はこの正月休み、春先に生まれた息子を連れて里帰りする計画だ。初孫との対面で、70代の両親の財布のひもも緩むのではとAさんはひそかに期待している。

1人最大1500万円まで非課税

Aさんが両親に活用を促したいと考えているのが、教...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン